YAKINIQUEST > 肉コラム > 炭火至上主義への警鐘

炭火至上主義への警鐘

肉コラム

gas.jpg

「ただいま、炭を足しますね。」店員さんが火力の弱まりを見て、炭を追加で持ってくる店がある。焼肉を堪能するうえで、火力は欠かせないから、黙ってこの光景を見守るしかない。ただ、肉をテンポ良く焼いて食しているときに思いっきりペースは乱される。
ここで肉を焼く上で「ガス火」と「炭火」のどちらが向いているかという議論が沸き起こる。皆、様々な意見を持っていることと思うが、私は個人的にガス火を好む。
最近は炭火がお洒落系の店で主流となっている。確かに炭火は、ムード演出をするうえで大いに威力を発揮する。そして、炭火ならではの味わいが出ることも確か。だが、ここに大きな落とし穴がある。
実は、炭火で肉を仕上げるのは、ガス火で仕上げる以上に難しい。焼肉の主役は肉であることは間違いない。だが、どのように焼いて仕上げるかで、感動は全く違ったものになってしまう。炭はところ狭しとロースターや七輪の中で並び、整列していないことにお気づきだろうか。
つまり、肝心な火種と網との距離がマチマチ。これは肉を焼くうえでは大きなハンデとなる。肉をターンするベストなタイミングを掴むのは、容易ではない。むろん、焼肉をおいしくいただくうえでは、炭火も十二分に役割を果たしてくれるが、最高の感動を求めるうえでは、ガス火で仕上げることが理にかなっているのだ。
さて、あなたのお気に入りのお店は、ガス火、それとも炭火?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*