九州遠征2008

2008年夏。 YAKINIQUESTの視線は大阪を飛び越え、肉牛の故郷・九州へと向けられた。南国特有の太陽が照りつける中、ひたすらに肉を求めてさまよい続けた記録をここに。
九州の美味い焼肉屋情報を募集します

*7/11-13で九州遠征に行って参りました。速報およびまとめは「九州遠征特集」をご覧ください。九州遠征関連の記事は順次こちらにアップします。沢山のお店情報ありがとうございました。 ヤキニクエスト夏の恒例行事である焼肉遠続きを読む


九州遠征九州出張

先日、出張で博多に行く機会があった。 これはチャンス。 九州遠征の舌味、もとい下見が出来るじゃないか。 空いた時間をフル活用し、精力的に焼肉店を巡った。 結果、2日で6店。 …我ながらよく食べた。 というか 「それはもは続きを読む


九州遠征、出発!

世の社会人がまだ仕事を終えていない、金曜夕方の空港。 世間様に対する多少の後ろめたさを感じつつ、 しかしながらそれをはるかに上回る期待に身を震わせつつ 飛行機に乗り込む。 いよいよ、九州遠征に出発だ。  &lt続きを読む


九州遠征速報 #1

単身での宮崎入り。 他のメンバーは仕事の関係で、遅れての合流となる。 皆が着くまで大人しく待とうか・・・などと思うはずもなく 荷物を置くや、ホテルを飛び出して一人焼きへ。 いきなり、極上過ぎる宮崎牛の刺し盛りの出迎えを受続きを読む


九州遠征速報 #2

一足先に九州入りしたgypsyを追いかけて急ぎ宮崎へ。 初めて訪れた宮崎は、椰子の並木が続く南国リゾート! 南国と言えば、甘いフルーツですが・・・ 肉も甘かった♪  <   >&続きを読む


九州遠征速報 #3

九州遠征初日、最後に訪れたお店で頼んだ特選骨付きカルビ。 十分解凍されていない状態で提供された。 この状態で焼いてしまうと、痛い目にあうのは一目瞭然。 遠火で焼くというソリューションもあるが、 今日我々が生み出した解は以続きを読む


九州遠征速報 #4

正午。QDとs/n、空路宮崎入り。 梅雨の明けた宮崎の空は、 遠征の前途を予兆するように、熱くまばゆい。 南国の焼肉、期待は膨らむばかり 本日の一店目で遭遇したロース。  <   &g続きを読む


九州遠征速報 #5

こ、このタンである。 生のタンを包丁で薄くひいたタンである。 いたずらに形を整えず直球勝負。 さあ、いただこう。  <   > 


九州遠征速報 #6

PM5:45。 前の焼肉屋のお会計をしてから1時間も経たないうちに、 3軒目で箸を手にとっていた。 ここで遭遇したのは、夢の宮崎牛フィフティーン。 フロントローの刺身3種からフルバックのホルモンまで。 おまかせで15種類続きを読む


九州遠征速報 #7

宮崎を後にし、クルマにて一路博多へ。 約300キロ、4時間半の長い旅路も、 更なる良肉を求める我々にとっては 花の咲き乱れる散歩道のようなものだ。 その証拠に、道すがら立ち寄った一軒の焼肉店。 ほら、こんなところにも、美続きを読む


九州遠征速報 #8

遠征の醍醐味のひとつ「焼肉ブランチ」。 日曜だろうと、ブランチだろうと、焼きのペースは変わらない。 網の上をメンバーの箸が舞う。 2日目もまた素晴らしい一日となりそうな予感。  <  &nbsp続きを読む


九州遠征速報 #9

「鬼の洗濯岩」。 福岡”シマチョウ”は、こう呼ぶにふさわしいクオリティで供される。 どの”シマチョウ”もこうあって欲しいものだ。  <   > 


九州遠征速報 #10

めくるめくロードムービーの最終章。 焼いて焼いて寝て焼いて、 焼いて焼いて焼いて寝て、 焼いて焼いて焼いてきた、 2泊3日9焼の仕上げは、 マスターのお任せに身をゆだね。 ここにも居ました、肉道楽が。  &lt続きを読む


九州遠征 終了

2泊3日、のべ10軒の怒濤の焼肉が終わった。 ところで焼肉のシメといえば ご飯ものかスープで、という場合が多い。 しかし、ここは福岡・博多。 どうせなら博多ならではのカタチで 炭水化物と汁ものを摂取して締めくくりたい。 続きを読む


ハシゴはクルマで (九州遠征雑感)

初めて九州にまで足を伸ばした焼肉遠征。 今回はメンバーのスケジュール調整が上手く行かず、 厳しい日程でのクエストとなってしまった。 最初にgypsyが飛行機で宮崎へ。 夕方に到着し、そのままひとり焼きを敢行。 遅れてYL続きを読む


にくまき (九州遠征雑感)

「にくまき」という食べ物をご存知だろうか? 「にくまき」とは、でっかい俵型のおにぎりを 醤油ダレで味付けした豚肉でくるんであるという、 それはそれは魂を揺さぶる食べ物だ。 どうやら、宮崎で生まれたものらしく、 遠征中、市続きを読む


九州とホルモン (九州遠征雑感)

九州は、全体的にホルモン系のレベルが高いように感じた。 どの店でも、たいていホルモン系はあまり外れがない。 やはり九州の文化として、ホルモンに対する意識が高いのか? そういえば街にも「ホルモン」を掲げた店が多い気がする。続きを読む