海外焼肉事情


Plan 1

<日本資本系焼肉チェーン店の活用> 以前、Questコーナーに記事を寄せたこともあるが、米国にはトラジや牛角といったチェーン店が進出しており、Japanese Barbequeという呼び名で営業しており、日本の焼肉屋と同続きを読む


Plan 2

<韓国系焼肉店の活用> アメリカの大都市には、横浜市や神戸市同様Chinatownが存在することは良く知られている。一方、これら大都市に規模の差はあれど、Koreatownも存在するということはあまり知られていない。当然続きを読む


Plan 3

<自宅で焼肉> 海外に赴任または留学される方にとっての必須アイテムといえるのが、ホットプレート。電圧の違いなどはあるが、基本的にはコンバーターを通さずアメリカで使用できる。余談ではあるが、外人を自宅に招いてお好み焼きパー続きを読む


Plan 4

<1泊3日日本弾丸ツアー>   このプランはずっとやろうと企んでいたが、結局滞在中には実現できなかった。カネと時間に余裕のある方は是非実行してもらいたいプランである。ご存知の方も多いと思うが、米国より日本へ帰国する際には続きを読む


番外編

「焼いてないじゃん」と言われれば、「そのとおり、焼いてません。焼かれた肉を食べているだけです」と弁解する必要があるのが、以下の番外篇の数々。上記Plan 1-4を実行できるのが望ましいが、やはり日本ではないため限界がある続きを読む


Epilogue

アメリカに肉の日は存在しない(少なくても私が知る限りにおいてはないし、世界中どこを探してもないのではないか)。January 29th 、February 9th等、どんな読み方をしても「Ni-ku」「Meat」にはなら続きを読む


Appendix – 英語の牛肉部位一覧表

<英語の牛肉部位一覧表> タン Tongue ロース芯 Ribeye 肩近辺の希少部位肉 Clod くらした Chuck roll 肩バラ Brisket カルビ Short rib ハラミ Skirt サガリ Hang続きを読む