YAKINIQUEST > 肉コラム > 焼肉トライアングル

焼肉トライアングル

肉コラム

東京の焼肉ファンには既に周知の事だと思うが、
来る3月22日、「焼肉ジャンボ 白金店」がオープンする。
「味が落ちやしまいか」など、つい余計な心配もしてしまうが
本店のあの肉、あの価格、そしてあのマスターの心意気を
きっちりと引き継いでいるならば、素晴らしい店になるに違いない。
都心の焼肉店を震え上がらせる存在になる事は必至だろう。
そして、もう一つ注目したいのはその立地だ。
白金店の場所は、あの「金竜山」「きらく亭」にほど近い。
肉質自慢の名店が、徒歩圏内に3つ並ぶのである。
つまりこれで”白金トライアングル”の完成という訳だ。
かつて我々の間で”焼肉トライアングル”と言えば「羅生門」「名門」
そして「ドンキィ」と個性的な名店が集まった四谷三丁目を指していた。
ところが最近になって、もともと地元に根付いていた「あらちゃん」に加えて
「ホルモン道場闇市倶楽部」と「びーふてい」の支店が相次いで進出し、
地域住民の焼肉熱ににわかに火が点いているという噂の学芸大学も
“新・焼肉トライアングル”として(我々の中で)気勢を上げてきていたのだ。
そこへ満を持して登場するのがこの”白金トライアングル”、である。
個性の四谷に、地元密着の学大。はたまた肉質の白金…
ううむ。どれも甲乙つけがたい。
そのうち”ベスト・トライアングル地帯”でも選んでみるべきか。
その時はもちろん「トライアングル・はしご」をして。
…何だか俄然楽しい気分になってきた。
早くも、次なるトライアングル地帯の登場が待ちきれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*