YAKINIQUEST > 肉コラム > エクストラ・ドライマティーニ

エクストラ・ドライマティーニ

肉コラム

のウィンストン・チャーチルはエクストラ・ドライマティーニを好んだと言われている。標準的なマティーニはジンを3(45cc)・ドライベルモットを1 (15cc)の割合で作る。ドライ・マティーニというと、その割合を変えてジンを多めにするわけだ。

エクストラ・ドライマティーニになるとドライベルモットの量は5ccもしくはそれ以下になる。作り手によっては、ほんの数滴、なんて場合も出てくる。

人と云うのはワガママで「さらにドライにしてくれ」なんていう場合もあるらしい。

そんなときに出てくるのが、「バーテンダーがドライベルモットのボトルを正面において、ストレートのジンを差し出した」
という小話である。

「ドライベルモットのボトルを眺めながら、ジンを飲んでくれ。これ以上のドライはないだろう。」

というわけである。

ある日、ある方はおっしゃった。

「肉の写真を送ってくれ。白飯をかかえて待っている。」と。


2 comments on “エクストラ・ドライマティーニ
  1. QD より:

    >T.J.Baldwinさん
    確かに「肉」「白飯」の主従関係はご指摘の通りの面もあり・・・行動/様式の共通項と理解いただければと。

  2. T.J.Baldwin より:

    達人の領域?
    > ドライベルモットのボトルを正面において、ストレートのジンを差し出した
    ジンのストレートを用意して、棚にあるベルモットの瓶をチラリと見て飲む、というのもありますね。
    > 肉の写真を送ってくれ。白飯をかかえて待っている。
    うーむ、焼肉&白飯の“主”はどっちなのでしょう・・・マティーニのそれはジンであることは明白ですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*