YAKINIQUEST > 肉コラム > 要するに焼肉と云うのはロックンロールなんですよ

要するに焼肉と云うのはロックンロールなんですよ

肉コラム

ローリングストーンズのトレードマークに
口 (クチ) が舌を出している ” Lip & Tongue ” ってのがありますよね。
あれって 「タン」 そのものですよね。
ロック って云うのは 社会 への アンチテーゼ ですよね。
焼肉 に行くときって、なんか 社会 への 背徳感 がないですか?
みんなは働いているのに自分達だけ焼いてるという 優越感 が
心を振るわせる、あの 背徳感 。
健康 への 背徳感 もありますよね。こんなに喰っていいのだろうか?
一週間分ぐらいの脂肪分と摂ったりしてやしないか?
健康 って云うのは 社会 が作り上げた基準であって、
相対的なモノでしかないんです。
健康 も 社会 の一部であるわけなんです。
健康 に刃向かうってことは 社会 に刃向かうことでもあるんですよ。
人はなんで 「焼肉」 と聞くと、
興奮したり、燃えたりするのでしょうかね?
それは 焼肉 が 社会 と闘っている象徴、
すなわち アンチテーゼ の メタファー であるからに他ならないのですよ。


One comment on “要するに焼肉と云うのはロックンロールなんですよ
  1. 要するに

    自分の言いたいことや伝えたいことをうまくまとめられる人を探し出すべく、本日は「要するに」をキーワードに検索してみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*