YAKINIQUEST > 肉コラム > 罪を憎んで肉をニクまず

罪を憎んで肉をニクまず

肉コラム

肉を愛する身には、何とも悲しいニュースが飛び込んできた。
「焼肉酒家 傳々」等を経営する会社「フーディーズ」が、
同社のWEBサイト上で、提供する全ての肉に但馬牛や神戸ビーフを
使っていると誤認させるような表記(優良誤認)をしていたとして
公正取引委員会から排除命令を出されたという問題である。
実際は、正肉の2割が神戸牛、8割はその他の国産和牛であり、
内臓に関しては但馬牛は全くなく、45%が外国産だったそうだ。
もともと牛肉は偽装問題に巻き込まれやすい食品だ。
こういったニュースが焼肉界全体のイメージをも
大きく下げる事につながるのは避けられないだろう。
そういう意味でも今回の事は決して許されるべきではない。
私達は06年から08年の間、同店を数回訪れている。
当サイト上で同店を「リスペクト店」として紹介したのは
そこで食べた肉の味に感動したから、だった。
もっと踏み込んで言えば「但馬牛を食べた」ことではなく
「美味しい肉を食べた」ことに対して、感動したのである。
もちろん、店は客に誤解を与える表記をしてはならない。
そこは絶対だ。
しかし、例え但馬牛ではなかったとしても、農家の方が
一生懸命に育てた極上の牛肉であることに変わりはない。
あの日食べた肉は、間違いなく美味しかった。
感動を与えてくれた。
それだけは自信を持って言える。
罪を憎んで、肉をニクまず。
いち焼肉好きとしては、いたずらにブランドに左右される事なく
「その肉は自分にとって美味いのか?感動を与えてくれるのか?」
にフォーカスするべきと、改めて肝に銘じたいと思う。


6 comments on “罪を憎んで肉をニクまず
  1. gypsy より:

    >てつさん
    過去のサイト上の表記についてはまさにおっしゃる通りで、これはどうあっても許されない事ですね。また現在の謝罪文ですが、個人的にはもう少し誠意が伝わるデザインにした方がいいのでは…と感じます。あとはお店がどう努力し、それを私たち客がどう判断するか、だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*