マイ・ベストング

肉コラム

我々は通常、トングを使わず箸で肉を焼く。
一人一焼き(自分の肉は自分で焼く)」という
ポリシーを掲げている上での必然でもあるのだが、
「トングで扱うと肉が傷つく」のも大きな理由の1つ。
肉は繊細な食べ物である。
網に乗せる時も、ひっくり返す時も優しくしなくてはいけない。
そう、あたかもレディーを扱うようにだ。
それなのに、トングというやつは大抵が乱暴に出来ている。
先っぽがギザギザしているものは特にいただけない。
そんなものでつかんだら、滑らかな肉肌が痛むではないか。
最近はヘッドがピンセットのように小さなトングが増えてきて、
ようやく我々の願いが届き始めたか…と思っていたところだった。
そんなある日、今までの常識を覆す画期的なトングに出会った。
100916.jpg
肉をつかむ先端部分はあくまで細く、繊細。
それでいて、グリップする部分は大きく、力を伝えやすい。
これで悪夢の「肉すっぽ抜け」を未然に防ぐ事が出来る。
そして何より、そのグリップ部分の独特な形状により
テーブルに置いても先端が下につかないようになっている。
これならば常に清潔な状態で肉をつかめる訳だ。
トングに、かくも美しい機能美があったとは…
しばしため息でトングを見つめる我々であった。
もちろん、ここまで肉のことを考えてトングを選ぶ店の肉が
よもや美味しくないはずなど無いのは当然なのである。


2 comments on “マイ・ベストング
  1. gypsy より:

    >くらさん
     大阪にもあるんですね。このトングを使う店がどんどん増えてスタンダードになるといいなぁ。

  2. くら より:

    こんにちわ
    いつも楽しみに見させてもらっています。
    私も普段はお箸です。
    大阪にもこのトングを使っている店があります。
    いいですよね。
    置き場に困らないですし。
    BBQで使うようなトングがでてくる店にいくと置き場に困る
    (そうお肉皿でテーブルがいっぱいなのです)
    このトングを買ってマイトングとしてもって行きたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>