YAKINIQUEST > 肉コラム > 光るハネシタ(本の話)

光るハネシタ(本の話)

肉コラム

いよいよ明後日、YAKINIQUESTの本が発売される。
ここ数ヶ月は、本を書くという初めての体験に興奮しつつ
どうすれば読者に肉を愛する気持ちが伝わるかを
考えに考え抜いた、苦しくも充実した日々を過ごせた。
素人の自己満足の部分も多々あることは承知の上だが
こだわりは色々なカタチで表すことが出来たと思う。
表紙からして焼肉本とは思えない装丁。
グルメ本なのに敢えて文章を中心にした構成などなど。
そして、今回の隠れた目玉となっているのが「肉しおり」である。
あたかも本物の肉を切り落としたようなしおりが作りたい。
極上肉を頁と頁の間に挟んで、この本を読んで欲しい。
ある日我々は、そんな思いで取り寄せた特大のハネシタを
通常より一回り大きなA3対応スキャナーに乗せた。
scan.jpg
「う、美しい・・・」
神々しいまでの光に包まれるハネシタを、
我々はただ息をのんで見つめていた。
周囲からの、呆れ果てた眼差しにも気づかずに。
このスキャンデータから原寸のまま四角く切り出された
(つまり一切拡大・縮小をしていない)
まさに特上の「肉しおり」が、本にはもれなく付いてきます。
こんなところも楽しんでいただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*