YAKINIQUEST > 企画集 > YQラボ > 「ネギ塩」へのアプローチ > 「ネギ塩」へのアプローチ – その3

「ネギ塩」へのアプローチ – その3

「ネギ塩」へのアプローチ

2、肉が厚めなタイプの場合
negishio-3.jpg
何の事はない。1枚で包むのが難しければ、
2枚の肉を使えば良かったのである。
一人より二人。合体パワー炸裂という訳だ。
2枚でネギを挟むように重ね、網に置く。
これを「二段重ね蒸し焼き」と呼びたい。
二つ折りがギョーザのイメージなら、
こちらはさしずめハンバーガーといったところか。
ちなみにこの方法、肉の厚みもそうだが
肉のサイズが小さいために二つ折りが出来ない、
という場合にも使えるので覚えておきたい。
ただ、賢明な方ならばお気づきのことと思うが
この方法には、実は大きな欠点がある。
それは「肉が奇数枚で出てきた場合」である。
まるで二人一組で行うストレッチ運動のときに
あぶれてしまった気の毒な少年のように
ペアを見つけられない肉が一枚余る事になる。
次に紹介する「肉がかなり分厚い場合」のソリューションは
こういった、一枚余りの状況にも使える技である。
<以下、続く>
 <   > 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*