この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

天壇(てんだん)

リスペクト3

眼下に銀座の街並み、口には特上ロース

天壇(東京・銀座)

天壇 メイン画像

東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー5/13 10F

TEL:03-5551-1129
11:30-14:30・17:30-23:00/無休
予算:8000〜10000円
予約可

庶民的な焼肉もたまらなく良いが、時には都会の真ん中にある高級店でというのもまた素晴らしい。東京・銀座は晴海通りと昭和通りの交差点という立地にあるこちらの「天壇」などはまさにそうした店のひとつである。

京都で45年続く老舗が09年に東京進出した店ということで、上質な肉と京野菜を味わえるのが特徴。ところどころに和のエッセンスをちりばめた高級感ある空間でゆったりとした焼き時間を過ごすことができる。

肉は看板メニューであるロースを中心に攻めたい。特に、好みの枚数をオーダーし、重ねて焼く「ミルフィーユロース」はこちらならではの逸品。幾重もの薄切りロースが生み出す心地よい食感とその間からにじみ出る良質な肉汁、そしてタレが織りなす味のハーモニー。1枚あたり500円と多少値は張るがその価値はある。
豪快に食べるならば「特上骨付きカルビ」もお勧め。カットしないと網に乗り切らないほどのサイズで登場する肉はインパクトじゅうぶん。こちらはかなり高額なので大勢で訪れたときにでも是非トライして欲しい。

またつけダレも特徴的。「そのまま飲む人すらいる」という、透き通った見た目の秘伝のタレは上品な酸味がきいている。これが強めのもみダレや、時として脂過多に感じる上質肉と合わせると実にさっぱりとした味わいにまとめあげてくれるのだ。

なお、もうひとつ押さえておきたいポイントは窓からの眺め。カウンター席が窓際に配されており、地上10階からの銀座ビューを肉とともに味わえるのである。団体でテーブルに座るのもいいが、敢えての一人、もしくは二人焼きでこのカウンターを使ってみるのをお勧めしたい。

価格に関してはどうしても安いとはいかないが、逆にいえば財布を気にするシチュエーションで選択する類いの店ではない。眼下に広がる銀座の街を眺めながら極上肉を優雅にほおばる。ここではそんな楽しみ方がふさわしいのだ。

天壇 ミルフィーユロース
ミルフィーユロース(写真は三枚重ね)

天壇 特上骨付きカルビ
特上骨付きカルビ

天壇 飲めるつけダレ
「飲める」つけダレ

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・ミルフィーユロースは是非
・予算に余裕がある時は思い切って特上骨付きカルビを
・ランチ時は行列が出来るので注意(バイキング付きで大人気のランチ)