この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

ぐう

リスペクト3

東京駅至近。好立地の本格ホルモン店

ぐう(東京・丸の内)

ぐう メイン画像

東京都中央区八重洲1-7-3

TEL:03-5255-3729
17:00-26:00(土17:00-23:00)/日祝休
予算:3000〜5000円
予約可

再開発がすすんだ東京駅周辺は意外とメシどころ(=我々の場合は「焼きどころ」)に困ったりもするエリアである。大型ビルのレストランフロアでは何か味気ない、というかああいう所にはそもそも焼肉は入りにくい。と思っていたところで出会ったホルモン焼き店がこちらだ。

場所は東京駅八重洲口からほど近い、ほど良い感じに寂れた裏路地沿い。大きな提灯が目印だ。店中はこじんまりとしているが清潔。店員さんも元気で人数が多く、ホルモン焼きらしい活気に満ちており、対応も早くてストレスがない。しかものっけから山盛りキャベツと味付けネギがサービスで出てきておかわり自由。おもてなしの心遣いに嬉しくなってしまう。

ホルモン系メニューはかなり充実しており、ミノやテッチャンなどの定番系はもちろん、ヤンやシビレ、アブシンなどのマイナー系もバッチリ押さえている。どれを頼んでも外しが少ないのが素晴らしい。つけダレはなく、下味のみで食べるスタイルで、味噌ダレの味は濃い目のセッティングだ。

加えて、ショウチョウや一押しメニューのホルモン(シマチョウ)はかなり脂たっぷりなので、それだけでご飯がガツガツ食べられてしまいそうなほどのインパクト。酒飲みにとってはよいアテになるだろう。逆に少し濃すぎると感じる場合は、お通しのキャベツや「浅漬けキムチ」で口をさっぱりさせるのがよい。この浅漬けキムチは白菜にアミたっぷりの味噌キムチダレを絡めたものだ、シャキシャキしたみずみずしさが食欲を回復してくれる逸品だ。

ホルモンラインアップの豊富さと味の安定感、そして居心地の良さ。ホルモン初心者から上級者までが満足できるのではないだろうか。ちなみに店主(オーナー?)さんは自称「ホルモンマイスター」らしいので、店主にあれこれと教えていただきつつホルモンの世界を開拓していくのもよいだろう。

唯一、店内の狭さは難点といえるかもしれないが、近所に出来た「はなれ」という名の別館はスペースにもゆとりがある。さらに新橋、日本橋と続々お店を増やしているのも頼もしい。是非肉と接客のクオリティを保ったまま店舗数を増やしていって欲しい。

ぐう 店の前
そそる店構え

ぐう ホルモン(シマチョウ)
脂たっぷりのホルモン(シマチョウ)

ぐう 浅漬けキムチ
浅漬けキムチ

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・脂たっぷりがすきならホルモン、ショウチョウあたりを
・浅漬けキムチは是非