この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

今久(いまきゅう)

カルビリスペクト3

迫力の霜降り肉を驚きの低価格で食べられる行列店

今久(千葉・旭)

今久メイン画像

千葉県旭市川口3435-7

TEL:0479-63-6768
17:30-20:30(土日祝17:00-20:30)/水休
予算:3000〜6000円
予約一部可

千葉の名焼肉店として大人気を博するこちらは、地元以外の人にとってはなかなか訪店ハードルの高い焼肉店でもある。例えば東京方面から向かった場合、成田空港よりも更に20kmほど先という位置。ほぼ茨城県との県境あたりである。また、立地的に車以外でのアプローチは困難。さらに連日満席な上、予約もなかなか取れない、ときているのだから。

予約システムは少し変わっている。電話予約分と当日分の席とがあり、当日分については14:30から記名を受け付ける仕組み。土日ともなると一回転目に入るにはかなり早くから記名をしないと入れない。さもなければ20名は座れそうな待ち合いスペースで、壁中に貼られた銘柄牛の産地証明書を見つめながら空腹に耐える羽目になる。

地元でない人は店を見つけるのにも注意力が必要だ。街道沿いだが平屋で目立たず、看板を見逃すと通り過ぎてしまうかもしれない。なんというかそれほどにオーラのない外観なのだ。しかし、ひとたびこちらの肉を体験すれば必ずや忘れられないものとなるだろう。

メニューをみたらまずその価格に驚くはず。並~上の肉は殆どが1000円以下*。安く済まそうと思えばかなり安く押さえられるだろう。特上や前沢牛シリーズになるとさすがに値段は上がるが、それでも他と比べたら驚異的な低価格。焼肉を食べ歩いている人ほどビックリするはずだ。なにしろメニュー上で一番高額な焼きモノである前沢牛のテンダーロイン(ヒレ)ですら3000円を割る*のだから。
*訪問は2011年度

この価格ならば質は大して期待出来ないと思いきや、とんでもない。カルビは肉の甘みとジューシーさがしっかり感じられるし、タンも脂がしっかり乗っている。もちろん、上や特上に行けば更に肉質があがり霜降り度合いが増す。しかもどの皿も一般的な店の1.2~1.5倍量はあると思われる大盛りっぷりなのだ。また、カットが豪快で肉々しいのも特徴的。基本的にどの肉も厚めに切り出されている。上ロースやテンダーロインはステーキ状のカット。飾り気のない盛り付けが逆に肉気分を高揚させてくれる。

クラシタやコウネ、ハバキといった珍しい部位も取り揃えている一方、もうひとつの名物メニューは巨大でふわふわな食感のハンバーグ。これなら家族連れやグループに愛されるのも納得である。ちなみにこのハンバーグはお土産にも出来る。希望する場合は早いうちにオーダーしておこう。

尚、店内が常に混んでいるため、店員さんを呼び止めるのも一苦労だし、頼んだものが出てくるまでにはやや時間がかかる。しかしこのリーズナブルさならばまったく文句は無い。オーダーの際はなるべく最初に全部頼むようにしよう。ちなみに混雑時は2時間制となるようだ。
これだけの焼肉を地元の方だけが堪能しているのはあまりに惜しい。多少交通の便が悪くても、予約システムが手間でも、わざわざ訪れてみたい店だ。

今久 前沢牛上カルビ
前沢牛特選カルビ

今久 前沢牛 特選ヒレ
前沢牛のヒレ

今久 外観
お店である事を見逃しそうな外観

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・まずは格安の並カルビで実力を感じたい
・ハンバーグをお土産にしたい場合は最初にオーダーしておこう
・価格はオーダー次第でかなり変動するので計画的に