この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

はつだ

タン塩リスペクト2

弁当で有名な甘辛の味付けは焼肉でも健在

はつだ(京都・修学院)

はつだメイン画像

京都府京都市左京区山端柳ヶ坪町17-3

TEL:075-722-8179
17:00-22:00/月休
予算:4000〜7000円
予約可

肉処・京都を代表する有名店のひとつであるこちら。ただし府外の人間には焼肉店そのものよりも、「京都駅前の伊勢丹で販売している、すぐ売り切れてしまう大人気の牛肉弁当」のお店としての方が名前が通っているかもしれない。

だがもしも時間に余裕があるならば、北の修学院方向に足を伸ばし「はつだ」の店舗を訪れてみて欲しい。一軒家の店内には清潔なカウンター席とくつろげる座敷席。店の内外の雰囲気は焼肉店というよりも和食店のそれのようで、最初は少し敷居が高いと感じるかもしれない。しかし価格もそれほど高くない(上ロースと上バラだけは他のメニューの倍以上するが)ので安心だ。

メニューはシンプルで、ホルモン系を中心に刺しもの、塩もの、タレものとある。やはり白眉は例のお弁当と同じ味の「ウスギリバラ焼」だ。ロースターの上にごちゃっとまとめて乗せて焼くスタイル。甘辛で濃い味のタレは白飯との相性を第一に考えたチューニングだろう。程よく焼けたウスギリバラで白飯を一心不乱にかっこむのが最高の食べ方だ。これをシメに設定しつつ、山椒を振ったタン塩や、ポン酢で上品に食べる上ロース、鮮度の高いシマチョウなどのホルモン系でオーダーを組み上げて行こう。

外観や佇まいで思い違いしがちだが、この店はどちらかといえば肩肘張らずにガッツリと食べる大衆焼肉店に近いように思う。店員さんも親切で気取ったところがなく「おいしい肉をたくさん食べてってください」という雰囲気にあふれている。肉とご飯をお腹にいっぱい詰め込んだ後は、店内でも購入可能なあのお弁当をお土産として買って帰るのもまた良しなのである。

はつだ ウスギリバラ焼
ウスギリバラ焼はまとめて一気に焼き上げる

はつだ 上ロースポン酢
上ロースはポン酢で

はつだ ウスギリバラ弁当 和牛弁当
例のお弁当はお土産として購入可能

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・ウスギリバラ焼を白飯で
・京都駅から向かうと交通の便があまり良くないので、時間がない場合は注意しよう