この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

七厘(しちりん)

リスペクト2希少部位

迫力満点の上質肉を豪快にいただく

七厘(東京・三ノ輪)

七厘メイン画像

東京都荒川区東日暮里1-17-11

TEL:03-3805-4129
17:00-22:30/水休
予算:8000-15000円
予約可

都内でもマイナーなエリアに属する三ノ輪という場所にありながら、ここ数年で東京焼肉シーンの話題に上らないことが無いほどの人気店となったのがこちらだ。

ひとたびお店に足を踏み入れれば、活気ある雰囲気に自然と気持ちが盛り上がるはずだ。きびきびと動き回る店員さんは皆笑顔で、時折声をかけながら客席の様子に目を配っている。何より「美味しいものを食べて欲しい」「驚かせたい」「満足して欲しい」という心意気がよい。とにかく焼肉を楽しんでもらいたいというサービス精神が端々から感じられるのだ。

肉は殆どがかなりの厚切りもしくは大判で供されるのが特徴。とにかく一ピースあたりのボリュームが豪快なのだ。しかしただ大きいだけではない。雑味を感じさせる部分を潔く切り落とした肉塊はまるで磨き抜かれた大理石のような美しさを放っている。

肉質はどれも最上級といえるもの。そのうえ肉の管理も素晴らしい。客席に提供するときの肉の状態(温度)まで計算しつくされているのが一目瞭然。常温でほどけ出した脂がつやつやと輝く艶かしい肉には誰もが目を奪われるだろう。

単品オーダーでも間違いないが「おすすめコース」がお得。その日のベストな部位を7品ほど提供してくれる。最高級のステーキにも匹敵する肉の連続コンボは強烈なパンチのようなインパクトを与えてくれるだろう。大食漢ならば最初から最後までお店に委ねる「悶絶コース」にもトライして欲しい。やや値は張るが、これでもかと運ばれる極上肉の数々は肉好きであればあるほどその価値の高さが分かるはずだ。

ただ一つだけ欲をいえば、途中からやや単調に感じられてしまうのが惜しいところか。もちろん今のままでも素晴らしい焼肉店であるし、例えるならばパンチ力だけでも十二分に魅力的なボクサーに駆け引きやテクニックも身につけて欲しいと願っているようなものかもしれない。しかしその欲張りな想いはひとえにこちらの実力の高さゆえである。

まだ若く、情熱的で研究熱心なマスターが「引き」や「メリハリ」といった技も身につけた時、いったいどれほどのお店になるのだろうか。おそらくは日本を代表する焼肉店へと進化を遂げるに違いない。そう遠くない将来その日が来るのを、焼肉を愛する者として楽しみに待っていたい。

七厘 幻のタン
中央が極厚切りの「幻のタン」

七厘 みすじ ザブトン
艶かしく輝くみすじとザブトン

七厘 シャトーブリアン
シャトーブリアンも驚きのぶ厚さ

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・店内待ち合わせはNG(揃って入店のこと)
・おすすめコース(7種入り)は5500-7000円/人(仕入れによって料金変動)
・悶絶コースは事前の電話相談&予約必須、価格は時価だが1万円台前半が目安