YAKINIQUEST > 肉コラム > ナイスメンツ

ナイスメンツ

肉コラム

突然だが、焼肉における重要な要素の1つは「メンツ」である。
もしかしたら、一番のキーポイントかもしれないというくらいだ。
互いにヘンに気を使わず。誰も余計な事はせず。
ただ個々が肉に集中して焼き。かつマナーは守り。
こんな環境の下でのみ、最高の焼肉が焼けるのだ。
しかし、これがなかなか難しい。
よかれと思って一度に大量の肉を網上に載せる人。
よかれと思って皆の肉を焼き、しかも振り分ける人。
よかれと思って話や酒の行方にばかり夢中になる人。
結果的に皆の肉に対する注意力は削がれ、
肉と真剣に対峙する気持ちが次第に薄れてくる。
そうなると、もうそれは焼肉では無くなってしまう。
そんな、善意からくる悲劇が後を絶たないのである。
特に、東京ではこの傾向が強いように感じる。
だが、この日のメンツは奇跡的であった。
仕事の流れで焼肉に行った4人。
初顔合わせのこのメンツの、なんと全員が
「自分の肉は自分で焼く」派だったのだ。
事はまさに、あうんの呼吸で進行していった。
肉が運ばれる。皆無言で自分の分を取り、網に乗せる。
会話はしながらも目は肉から話さない。
絶妙のタイミングで口に運び、その味をしっかり堪能する。
そしてすかさず次の肉を焼き始める。
焼き方だって、誰も何も言わずに、当たり前のようにこれである。
050916.jpg
こういう人がたくさん増えてきたら、東京はもっといい場所になる。
そう確信した、いい夜だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*