ハラミちゃんとサガリちゃん

肉コラム

「どっちも好きだったんです」
もうずいぶん昔の話だが、2人の女性と婚約してしまった
とあるスポーツ選手が記者会見で言った言葉だ。
(と記憶しているが、昔の事ゆえ間違いがあったらご容赦を)
けだし、名言である。
決して口数の多くない彼が、必死で絞り出したこの一言。
どうしたって選べなかった。だってどちらも魅力的なのだから。
倫理的問題はさておき、それが偽らざる本音だったのであろう。
さて、女性が相手の場合とは違い、
どっちも好きなら両方頼めるのが焼肉の利点だ。
一般に「ハラミ」と呼ばれる部位があるが、
実は赤身の強い「サガリ」と、サシの多い「ハラミ」に分かれる。
101221-1.jpg
どちらもハラミらしい食感という共通点を有しながらも、
それぞれにしかない旨味を持ち合わせているのだ。
もちろん、どちらか1つを選ぶ事なんて私には出来ない。
そんな時は迷わず両方食べればよいのである。
101221-2.jpg
うむ、どちらも最高に美味い。
肉を愛するタイプの人間で良かった、と思えるのはこんな時なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>