中部・近畿遠征レポート Day2#3

中部・近畿遠征2012肉コラム

名張を出た我々は、一路奈良へと向かった。
この遠征では和牛の生産地や焼肉店密集地帯を巡っている訳だが、
これから行く奈良県の香芝も、知る人ぞ知る焼肉タウンらしい。
まずは香芝インターを降りてすぐの「はなぶさ」へ。
一度見たら忘れられない、英(はなぶさ)の文字を
牛に見立てたロゴが目印の焼肉店だ。
2012-6-1.jpg
店内や看板からは老舗の雰囲気が漂っている。
ファミリーセット、ペアセットなどお得なセットの充実が
古くから地元の人々に愛されてきた事を物語っているようだ。
こちらで一番印象に残ったのは「ミノ梅肉焼き」
様々な味付けで食べられるミノだが、梅肉は初体験。
梅の酸味が焼く事でまろやかになり、ミノ独特の食感に馴染む。
ミノという素材の可能性の大きさを改めて感じた一品だった。
2012-6-2.jpg
______________________
この日最後に訪れたのは「しま牛」
インター付近の焼肉密集地からは外れるが、それでもすぐ近く。
辺りは住宅街で、こちらのお店自体も一見住宅のような造りだ。
2012-6-3.jpg
果たして、こちらのお店は大当たりであった。
モダンでありながら、掘りごたつ式でくつろげる席。
家庭的でホスピタリティ溢れる接客。
何より美味しくて体にいいものを食べて欲しいという姿勢は
30年つぎたしで使っているという無化調のタレに表れている。
2012-6-4.jpg
インパクトは薄いが、食べ進めるほどじわじわと美味くなる、
そんな優しい味わいは本日の5軒目にピッタリであった。
肉自体は伊賀牛と宮崎牛にこだわっているとのこと。
希少な伊賀牛を最後までいただくことが出来、
遠征2日目も大満足のうちに終わったのだった。
(つづく)
 <   > 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>