この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

ありい亭

リスペクト3

前は田園、後ろは牛舎。のどかな気分で味わう淡路牛

ありい亭(兵庫・淡路島)

ありい亭メイン画像

兵庫県淡路市中田72

TEL:0799-62-6260
11:30-14:00・17:00-21:00/火休(祝の場合は翌日休)
予算:2500〜4000円
予約可

今まで数々の焼肉店を訪れてきたが、店へのアプローチの劇的さでは1,2を争うのがこちらの「ありい亭」だ。
場所は淡路島。大通りを外れて細道に入り、看板を頼りに民家の間を抜けて行く。「本当にこっちで合っているのか?」という疑問が最高潮に達した頃、突如目の前にお屋敷のような構えの店が現れるのだ。店の前には青々とした水田が広がり、店の裏には牛舎が。なんとここで育てた牛を提供しているという。なるほど裏手に回ると、時折牛の鳴き声が聞こえてくる。

店内は座敷メインでとにかく広い。増築を繰り返した家のように、奥に進むとさらに座敷がある感じ。しかしそのサイズに反して接客は極めてアットホーム。恐らく家族経営なのだろう。まだあどけない少年少女が接客を担当している。多少つたないのはご愛嬌だ。

メニューに目をやると、とにかく値段の安さに驚く。時価とあるが、ヘレで900-1300円。上ロースで800-1200円。特選バラ、塩タンは600円だ。一皿の中で肉質にややばらつきがあるが、この価格なら納得。
白眉はヘレ。やわらかく上質でありつつ、赤身の旨みを舌に感じられる。これは相当なお値打ち品だ。いくらでも食べられてしまう。バラもサシは入っているが、むしろ赤身のコク、旨みを感じる。さすがは淡路牛といったところだろうか。

もう1つ、「薄塩バラ」は他にない珍しい一品。強めに塩コショウした、生ハムのような見た目だ。赤身の旨みが凝縮されている。噛めば噛むほど味が出る肉。脂の甘みもあいまって、酒のあてには最高だろう。これでなんと300円だから恐れ入る。ちなみにビールやソフトドリンクも激安。近所の人々で昼から混んでいるのも納得がいく。週末夜ともなると予約必須のようだ。

たまにいまいちな肉が出てくることもあるのだが、そこはそれ。この価格と、何ともいえないのどかな雰囲気に身を委ねて、おおらかな気持ちで箸を進めたいものである。

ありい亭 外観
焼肉屋らしからぬ外観

ありい亭 上ヘレ
手前が上ヘレ

ありい亭 薄塩バラ
特選たたき

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・コスパの高い上ヘレは押さえておきたい
・お酒のつまみに激安の薄塩バラもお勧め
・店の裏手の牛舎をのぞいてみるのも一興