月別アーカイブ: 7月 2008


「ネギ塩」へのアプローチ – その4

3、肉がかなり分厚い場合 これはもう、肉の両面をきっちり焼いてやらないと どうにもならないほど分厚い場合の対策だ。 心を鬼にして、店の人が丁寧に乗せてくれたネギを いったん全部箸でそぎおとし、皿に載せておく。 その上で肉続きを読む


「ネギ塩」へのアプローチ – その3

2、肉が厚めなタイプの場合 何の事はない。1枚で包むのが難しければ、 2枚の肉を使えば良かったのである。 一人より二人。合体パワー炸裂という訳だ。 2枚でネギを挟むように重ね、網に置く。 これを「二段重ね蒸し焼き」と呼び続きを読む


焼肉凛 辛館 (やきにくりん しんかん)

東京都中央区月島3-10-8 03-3533-0429 18:00-23:00/日休 予約可 *こちらに本店or支店のお店情報を記載しています。  ご参照ください。


「ネギ塩」へのアプローチ – その2

1、肉が薄いタイプの場合 薄切りにされた肉にネギが乗っている場合 「ネギ蒸し焼き」が基本となる。 つまり、ネギを包むように肉を二つ折りにし、 その状態で網に乗せ、両面を焼くのである。 この際、内側のネギは直接火には触れな続きを読む


「ネギ塩」へのアプローチ – その1

「ネギ○○塩」というメニューがある。 細かく刻んだ味付けネギがびっしりと 肉の上に敷き詰められている、アレである。 最近はネギハラミ塩とかネギカルビ塩などもあるが ネギ○○の代表選手はやはり「ネギタン塩」であろう。 で、続きを読む


九州とホルモン (九州遠征雑感)

九州は、全体的にホルモン系のレベルが高いように感じた。 どの店でも、たいていホルモン系はあまり外れがない。 やはり九州の文化として、ホルモンに対する意識が高いのか? そういえば街にも「ホルモン」を掲げた店が多い気がする。続きを読む


にくまき (九州遠征雑感)

「にくまき」という食べ物をご存知だろうか? 「にくまき」とは、でっかい俵型のおにぎりを 醤油ダレで味付けした豚肉でくるんであるという、 それはそれは魂を揺さぶる食べ物だ。 どうやら、宮崎で生まれたものらしく、 遠征中、市続きを読む


ハシゴはクルマで (九州遠征雑感)

初めて九州にまで足を伸ばした焼肉遠征。 今回はメンバーのスケジュール調整が上手く行かず、 厳しい日程でのクエストとなってしまった。 最初にgypsyが飛行機で宮崎へ。 夕方に到着し、そのままひとり焼きを敢行。 遅れてYL続きを読む


九州遠征 2008summer

2008年夏。 YAKINIQUESTの視線は大阪を飛び越え、肉牛の故郷・九州へと向けられた。南国特有の太陽が照りつける中、ひたすらに肉を求めてさまよい続けた記録をここに。


イチローに学ぶ

これまで数々の記録を打ち立ててきたイチロー。 誰もが不可能だと思う事をいつも淡々とやってのける彼だが 2008年前半戦、自ら公言しつつ達成できなかった事がある。 それは日米通算3000本安打という記録。 オールスター戦前続きを読む