中部・近畿遠征レポート Day2#2

中部・近畿遠征2012肉コラム

名張市街から少し外れた、山河美しき地にその店はあった。
2012-5-1.jpg
青い空と緑のコントラスト。流れる小川のせせらぎの音。
「ニッポンの夏」を凝縮したような風景を眺めつつ川沿いを走る。
と、川の向こうに「三太夫」の看板を見つけることができた。
2012-5-2.jpg
店に近づくにつれ、その桁外れの大きさが徐々に分かってきた。
巨大な門をくぐると、40台ほど停められそうな駐車場があり、
その奥にようやく店への入口が見える。
2012-5-3.jpg
さらに中庭を抜けるとようやくレセプションが現れた。
2012-5-4.jpg
席は庭の緑が楽しめる窓際。上質な和の空間である。
まるで今からお見合いでもはじまりそうな雰囲気だ。
いくら夏とはいえ、Tシャツに短パン姿の自分を恥じたくなる。
2012-5-5.jpg
メニューは単品もあるが、コースがお得。
部位や量の違いで10種類ほどある。もちろん伊賀牛だ。
皆で幾つかのコースを頼んでシェアすることにした。
扱っているのは正肉のみだが、文句の無い肉質だ。
2012-5-6.jpg
こうした雰囲気の店ではお店の方が焼いてくれることが多いが
こちらでは自分で焼けるのもまた嬉しいところ。
2012-5-7.jpg
一番印象に残ったのは「伊賀牛ロースの朴葉焼き」
朴の葉に肉とたっぷりの味噌を乗せて焼き上げる一品だ。
2012-5-8.jpg
焼き上げるにつれ立ち上る味噌の香ばしさに鼻腔をくすぐられ、
江戸の時代に「薬喰い」されたという牛肉の味噌漬けの味は
果たしてどんなものだったのだろうか、などと夢想するのだった。
(つづく)
 <   > 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>