中部・近畿遠征レポート エピローグ

中部・近畿遠征2012肉コラム

養老から彦根、近江八幡、伊賀、名張、そして香芝と
中部〜近畿をS字型に横断した2泊3日の焼肉遠征。
今回も素晴らしき肉との数多くの出会いがあった。
DSC08362.jpg
全国には、有名無名含めて名和牛の産地が沢山ある。
そこでは正肉も内臓も素晴らしいクオリティのものが
東京の人間から見たら驚くべき安価で提供されている。
そんな事実をあらためて体感したのであった。
また、多くのお店でホルモン類でも銘柄が特定出来るのは
屠畜頭数が多くない地方ならではのことであろう。
これもまた都市部ではなかなか味わえない贅沢である。
飛び牛ヒレ、ハネシタ.jpg
一方で都会のお店の優れた部分も浮き彫りになる。
地方では「安くていい肉」を提供することに留まっていて
(もちろんそれだけでもじゅうぶんに凄いことだが)
それ以上の工夫があまり感じられないことが多々ある。
DSC08555.jpg
素材だけで美味しいのだからそれでもいいのだが、
例えば地域独自の味付けや食べ方などが加われば
もっともっと魅力的なコンテンツになるに違いない。
来年はそのあたりに着目しつつ、
肉牛牧畜の歴史が深い地域を巡りたいと思うのだった。
(おわり)
 < 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>