2011年最初の1枚

肉コラム

新年も明けて10日目を迎え、そろそろ初焼きを済ませた方も多いかと思う。
食肉市場が稼働をはじめたのが(東京の場合)5日なので
鮮度が要求されるホルモン系を食べたいのならば
さらに2日ほど待った7日あたりからが焼き初めの頃合いだろう。
しかし我々の場合、12/29の焼き納めから10日もの間
焼肉を食べずに耐えられるはずもなく、
いつもだいたい1月の4日か5日には焼肉店に向かう事になる。
自ずと、保存のきく正肉系メインの店がチョイスされる。
さて、新年最初の1枚が上手に焼けるか。
これは今年の肉運勢を占う上で非常に大事なポイントだ。
特に、それが厚切りタンだった場合はなおさらだ。
厚切りのタンを焼くポイントはいくつかある。
両面は「ちょっと焼き過ぎ」に見えるくらいまで焼く。
芯はレアくらいがいい。しかしレア過ぎると噛み切れなくなる。
中の焼け具合をイメージしつつ、火の当たりをこまめに変える。
早る気持ちを抑えて。肉から目を離さず。慎重に。
やがて肉汁を内部にたたえたタンがパンパンに膨れたころが
完璧な焼き上がりのサインだ。
DSC01713.jpg
がぶりと噛み付き、しばし目を閉じて無言。
これから1年間の、良き肉との出会いを念じる…つもりが
あまりの美味さにしばし放心状態だったのが実際のところ。
ともあれ、今年もよい年になりそうである。


2 comments on “2011年最初の1枚
  1. gypsy より:

    >aaaakkkkさん 
    その節はありがとうございました。「りぼん」、いいお店でした。「ほしや」も気になります。

  2. aaaakkkk より:

    福岡遠征のコラムを見たのを最後に久々にサイトを見ました。その当時投稿したリボンがR-3に入っていてうれしかったです。世田谷の芝浦付近にほしやというお店が出来とても鮮度にこだわっているみたいで芝浦と大差ないです。今年もこのサイトを参考にさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>