この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

まるに

リスペクト3

ついに東京に現れた立ち焼肉界の実力派

まるに(東京・新橋)

まるに メイン画像

東京都港区新橋1-11-1

TEL:03-3572-1129
17:00-23:30(金17:00-25:30)/日休
予算:2500〜4000円
予約可

焼肉店という業態も一昔前に比べてずいぶんと多様化した。さまざまなコンセプトを打ち出す店が次々と現れる中、立ち飲みならぬ”立ち焼き”スタイルも登場したが、雰囲気はさておき焼肉のクオリティという面で満足出来るところはなかなか出てこなかった。そこに満を持して登場したのが新橋「まるに」なのだ。

店内に入るとまず目に飛び込んで来るのは土間に置かれた赤いドラム缶。天面には炭火コンロが仕込まれ、ドラム缶を囲むようにしてスタンディングで焼肉を楽しむようになっている。奥にはカウンターもあり、普通に座って食べることも可能だ。庶民的な佇まいではあるが、ドラム缶のサイドに描かれた和風のイラストや、赤を挿し色に使った店内のカラーリングには洒落心を感じる。

メニューのバリエーションはやや少なめだが、さっと食べて長居せずに帰る”立ち焼き”ならばこれくらいで充分だろう。1人前の量は少なめで、その分価格も低く設定されており、少人数でいろいろとつまみたいというシチュエーションにはぴったりだ。

そしてこれらの肉のクオリティの高さがこちらの素晴らしいところ。駒沢の人気店「芝浦」の系列ということだけあって、こういったスタイルの店とは思えないほど上質な肉が出てくる。「芝浦」名物のメガネをはじめ、上ハラミや黒板メニューあたりは間違いない満足感を提供してくれるだろう。

味付けは基本塩のみで、手元のタレ、わさび、にんにく、合わせ塩などの薬味でいただく。タレに入れる追加のネギもあるのでいろいろと試して好みの味で食べられるのが嬉しい。まずはシンプルに塩で食べるのがいいだろう。安価な店はたいてい強いタレの味で食べさせる場合が多いが、塩のみでの食べられるというオプションを提示するところにこちらの自信が垣間見えるように思えるからだ。

最後に”立ち焼き”に関してだが、実は現在は開店当初にはなかったスツールがドラム缶の回りに置かれており「ちょこんと座るのが基本だけど、立って食べてもいい」という状況なのが本当のところだ。しかしながらせっかくこの店に来たのならば、一度くらいはスツールをよけてでも立ち焼きで食べて欲しい。焼肉がまたひとつ気軽な食べ物になった、そんな感覚を味わえるはずだ。

まるに メガネ
「芝浦」ゆずりの名物、メガネ

まるに 上ハラミ
きちんと美味い上ハラミ

まるに ドラム缶
ドラム缶テーブルが並ぶ土間

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・メガネはマスト。
・ランチ限定の牛肉で作った肉巻きおにぎりが夜にも食べられる事があるらしい。