この情報は2014年11月29日まで「YAKINIQUEST.com」で掲載していたものです。
BEEF YAKINIKU DINING YAKINIQUEST」の開店以降、焼肉店レポートの追加・更新等は行っておりません。
本情報投稿時と現在のお店の状況は異なる場合があることをご理解ください。

8 hachi

リスペクト2

女性でも気軽に入れる雰囲気に実力も伴ったホルモン焼き店

8 hachi *旧店名 おやじのせがれ

おやじのせがれ メイン画像

東京都港区西麻布1-4-25 長寿庵 寿ビル1F

TEL:03-3405-2915
18:00-26:00(金土18:00-27:30)/日休
予算:4000〜6000円
予約可

2013年5月末を持って青山一丁目「おやじ」との暖簾分けを終了し「8 hachi」としてリニューアルオープン。リニューアル前の味を残した部分もありつつ、塊肉などを取り入れたりオーダーシステムを柔軟にするなど独自の方向を打ち出している。

店主は都内の有名焼肉店で勤務後、青山の人気ホルモン焼き店「おやじ」で一年ほど修業してからこちらのお店を構えたとのことだ。場所は西麻布の交差点からほど近い裏路地。白が基調でカフェのような雰囲気の外観は、とてもホルモン焼きを出す店とは思えない。店員さんも皆若く、いい意味で軽いノリで接客してくれる。手が空いていれば部位の説明や焼き方の見本なども見せてくれるから、ホルモン初心者や女性には最適だ。

一方、実力もしっかり伴っている。基本的なメニューは「おやじ」をベースとしている。オーダーを一度でまとめるところや、味付けがお店任せなところも同じだ。ただし全体的にカットがやや小振りで、そのぶん女性などには食べやすいように感じた。また、少しずつオリジナルなものも取り入れているので、「おやじ」にはないものを探してみたり、味付けの違いを確かめながら食べてみるのもマニアックな楽しみだ。

印象に残ったのは肉厚な「せがれミノ」や上センマイ、カレー塩で食べるナンコツ(ドーナツ)など。もちろん本家ゆずりのシビレやお通しのマヨ味噌キャベツも確実だ。店員さんとの会話が弾めば、思いがけない裏メニューにも出会えるかもしれない。

店内はそれはど広くはないが、吸煙装置が良いのかあまり煙くないのも嬉しい。カウンターもあるのでひとり焼きにも最適。しかもかなりの深夜まで営業している。何かと使い勝手がよい、覚えておきたい一店だ。

おやじのせがれ せがれミノ
肉厚なせがれミノ

おやじのせがれ シビレ
「おやじ」でも名物のシビレ

おやじのせがれ 上センマイ
上センマイ

<YAKINIQUESTよりヒトコト>
・せがれミノ、シビレ、上センマイなど
・店員さんと話してお勧めの肉や焼き方を教えてもらおう