’12四半期焼肉報告「1-3月は27店」

肉コラム

<1月>・・・7店
きらく亭
よろにく
長興屋
ゆうじ×2
味楽亭
焼肉くにもと
<2月>・・・14店
KIM
味楽亭
ほりぐち
板門店
香風園
四条ホルモン
道食
三宿トラジ
ぱっぷHOUSE目黒田道
BigMam
ゆうじ×3
焼肉くにもと
<3月>・・・6店
虎の穴
ランボー
ゆうじ
米沢屋
鴬谷園
BigMam
<特に印象に残ったQUEST>
北海道・北見「香風園」の、山ワサビと醤油のミノ刺し
DSC06475.jpg
実はこの四半期は、印象的な焼肉を多く体験した。
敢えて一言でいえば「温故知新」ということになるだろうか。
久方振りに訪れた店。初訪だが、数十年の歴史を積み重ねた店。
いずれにも、近年の新店のようなソツのないまとまり感とは対極の、
店のこだわりとそれを愛する客とで築き上げられた重みがあった。
その、ある意味歪ともいえる手触りが不思議と心地よく感じられた。
一方、昨年のユッケに続き、レバ刺しにも悲報が聞こえてきた。
今度はユッケと違い、完全に禁止になる。早ければ6月にも、だ。
歴史ある焼肉文化の1ピースが、また消されようとしている。
もしあなたがレバ刺し好きならば、今なら出来る事がある。
6月まで、ひたすらレバ刺しを食べるのだ。毎日でも、だ。
食べられなくなってから文句を言ったり嘆いたりしても始まらない。
それが、愛する食とお店に対しての敬意の表し方ではないだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>